Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
8/17 岡田克也副総理・内閣府特命担当大臣(行政刷新)の会見について
0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    みなさま
    
    本日行われました岡田克也副総理・内閣府特命担当大臣(行政刷新)の会見について
    IYEO本部から、声明が出されましたので、以下の通りご連絡します。


    (以下転送)

    平成24年8月17日 日本青年国際交流機構(IYEO)会員の皆様へ                      日本青年国際交流機構                     会 長 大河原 友子 IYEO会員の皆様、熱暑が続いていますが体調を崩されたりしていらっしゃいませんでしょうか。 さて、6月11日に行われた行政事業レビューにおける「内閣府青年国際交流事業廃止」の判定の 不適切さを訴えるべく、会員の多くの皆様に署名等の御尽力をいただいておりました件について、 現時点での報告をさせていただきます。 会員の皆様並びに多くの理解ある方々の御尽力により、事業の有効性が理解され、6事業のうち5事業については実施の方向に進んでいるとのことです。 しかしながら、「世界青年の船」事業については、本日午後3時に岡田克也副総理・内閣府特命担当大臣(行政刷新)の会見で「世界青年の船」事業については、「廃止」との指摘がありました。
    「世界青年の船」事業の「廃止」については、私たちにとって納得のいくものではありません。
    
    前回の御連絡で示しましたように「青年国際交流事業の効果測定・評価に関する検討会」が新設
    され、3回に渡る論議がされた結果、「内閣府青年国際交流事業6事業」は多くの成果を収めてお
    り、事業は発展的に継続させるべき、との方向性のもとに中間報告がまとめられているところでした。
    
    IYEOからの要請文ばかりではなく、事業継続を支持してくださる民主党国会議員の方々による
    要請文も野田総理並びに民主党輿石幹事長に提出されていました。緊急アンケートの結果も、
    大きな成果が認められる、との数値が出ていました。「世界青年の船」事業の日本人参加者に
    対する効果も高い数値が表れていました。
    
    それにも関らず、岡田克也副総理・内閣府特命担当大臣(行政刷新)は、「世界青年の船」事業の
    廃止に加えて、より大きな予算削減の方向性を指摘しました。検討会の中間報告が公式に発表
    されていない段階で、このような内容が出されることは極めて不適切と考えます。
    
    「世界青年の船」事業は今年で25回を迎えますが、その歴史の積み重ねにより、世界45か国との
    ネットワークが結実しつつある段階でした。今回の会見は、「その成果と今後の発展に価値を認め
    ない」というスタンスです。
    
    しかしながら、私たち日本青年国際交流機構は、これであきらめてはいけません。今まで、築いて
    きた活動の成果とネットワークに自信を持って、この方向性を改めるべく主張していきましょう。
    
    来年度の予算決定までにはまだ時間があります。私たち役員は、可能性がわずかでもある限り
    頑張りますので、会員の皆様にも御尽力をお願いします。
    
    今回の内容もあくまで岡田克也副総理・内閣府特命担当大臣(行政刷新)からの指摘であって、
    決定は所管担当大臣の権限にありますことを理解してください。
    
    マスコミ報道は全てを伝えきれていないことが多いので、これからもIYEO本部から御報告を
    折に触れてさせていただきます。

    (以上転送)
    posted by: iyeo-aichi | 内閣府国際交流事業受入れ | 19:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.iyeo-aichi.jp/trackback/1418962
    トラックバック